アクサダイレクト

現在地
ホームペット保険なるほど!ペット生活こんな時みんなどうしてる? > お留守番に関するアンケート

お留守番に関するアンケート こんな時みんなどうしてる?散歩やしつけ、食事、おやつについてなど、みんなのお家ではどうしているのかな?先輩飼い主さんに聞きました。

※いぬのきもち読者アンケート ※調査対象:いぬのきもち読者94名 ※調査時期:2015年8月

犬をこれから飼いたいなと思っている方も、現在犬と一緒に暮らしている飼い主さんにとっても、お留守番中に愛犬がどのようにすごしているのかはとても気になるところですね。

今では、外出中でもスマホから愛犬の様子を見たり、声をかけることもできるお留守番カメラもあり、飼い主さんにとって心強いグッズになっているようです。

犬の飼い主さんに愛犬のお留守番について調査してみました。

あなたは愛犬を留守番させることがありますか?

あなたは愛犬を留守番させることがありますか?

約9割の飼い主さんが留守番させることがあると回答。

留守番の頻度はどれくらいですか?

留守番の頻度はどれくらいですか?

1週間に3日以上留守番をしている犬の割合は約65%でした。

獣医さんに犬を留守番させるときのポイントについて聞いてみました。
(回答:いぬのきもち相談室)

理想的には子犬の頃からお留守番に慣れさせるのが大切になってきますが、成犬になってからでも、徐々に慣れさせれば大丈夫だと思います。
最初は短時間離れて戻ってくることを繰り返し練習してみましょう。
5分とか10分で構いません。
こうすることで、愛犬に飼い主さんは必ず戻ってくるものだと教えましょう。
また日頃から、愛犬の安心できるスペースを作りましょう。
できればケージやサークルの中に気持ちのよい敷き物を用意してあげたりおもちゃや好物をいれておくなどしてそこを大好きな場所になるようにしてみましょう。
そうすると、留守番中に不安になってもその場所が安心できる場所として過ごすことができるようになるでしょう。
それでも長時間のお留守番は退屈や欲求不満がつのることもあるので、お留守番の前には運動や遊ぶ時間をしっかり作り、排泄も済ませ、暇つぶしになるようなおもちゃなどを与えてから出かけるようにしましょう。

お留守番に関するアンケート こんな時みんなどうしてる?散歩やしつけ、食事、おやつについてなど、みんなのお家ではどうしているのかな?先輩飼い主さんに聞きました。

※ねこのきもち読者アンケート ※調査対象:ねこのきもち読者228名 ※調査時期:2015年8月

猫の飼い主さんに人気のグッズとして“自動給餌器”があります。
タイマーやフードの給餌量をあらかじめセットしておけるので、愛猫留守番中も愛猫の食事についての心配ごとが軽減されます。
自動給餌器を使用している猫も、だんだんと自動給餌器からフードが出るタイミングがわかるようになり、時間が来ると給餌器のそばに寄ってくるという猫もいるようです。

あなたは愛猫を留守番させることがありますか?

あなたは愛猫を留守番させることがありますか?

猫のお留守番は97.4%の飼い主さんがさせることがあると回答。
ほぼ100%に近い結果となりました。

留守番の頻度はどれくらいですか?

留守番の頻度はどれくらいですか?

1週間に3日以上留守番をしている猫の割合は75.2%で犬に比較すると+10.2%でした。

猫がお留守番中に排泄しない様子で心配です、、という飼い主さんからのお声をいただくことも多いです。
こんなとき、どう対処すればよいか獣医さんに聞いてみました。
(回答:ねこのきもち相談室)

自宅で留守番している健康な猫がトイレを我慢する場合、原因として多く見られるのが、トイレの汚れです。
きれい好きな猫は、1回排泄したトイレ(汚れているトイレ)を使いたくなくて排泄を我慢してしまうことがあります。
留守中のトイレの設置場所がいつもと違うなど、留守番中の環境がいつもと違う場合も、排泄を我慢してしまうことがあります。
また、猫は留守番が得意だと考えられていますが、飼い主さんと長時間離れると不安になる猫もいます。すると、トイレ以外で排泄をしたり、排泄を我慢することがあります。
猫が長時間トイレを我慢するのは、健康上あまりよくありません。
思い当たる原因があれば改善してあげてくださいね。

出典元(編集協力):株式会社ベネッセコーポレーション いぬ・ねこのきもち編集室

ページトップへ